2014年08月26日

賢哲を愛する


社会の基盤を用意するのは大人の役割。それを受け継ぎ創って行くのは子どもの役割。大人は、子どもの創造力に叶わない。大人の手助けが無ければ創造出来ない内は、子どもは子ども。しかし、子どもが創造出来る大人になった時、大人は子どもにとって正しい助言者とならねばならない。子どもの創造力を妨げる事は許されない。大人の言葉は毒を持ち、大人の言葉は子どもを殺す。大人はその意味を深く知って、上手に子どもと距離を置き、子どもが助言を求めた時に的確に助言のみ行うべき。

この世の中には余計なお節介も含めて、多くの助言が日常茶飯事に飛び交っています。しかしながら同じ「助言」が、ある人には生かされ、ある人には生かされなかったりする。それを不思議に思わない人にとっては、そんな事は考えるまでも無い当たり前の事で終わる話。でも、そういう人は得てして、助言者の言葉と助言業者の言葉を(同じように)、聞いたような事と一緒くたにしてしまう。そうすると、本当に困った時に、絶対に聞いてはならない助言業者の売り言葉(嘘)を、助言者の救いの声のように勘違いして聞き入ってしまい、最悪、騙される。


「聞き分けの無い少数派の話」を書き始めて結構な時が経ちましたが、この話は、「宗教と権力」に纏わる話。宗教出現以前にも、賢哲を愛し、言葉を駆使し、物事の真理真相(深層の理)、全ての興りを説いた人達は存在する。そういう人達は、現代人からは「哲学者」のように称される。宗教より、哲学の方が先なのです。

哲学は、民を相手にしたと言うより、学びたい者に対して伝えられた言葉であり、学びたくない者、学ぶ機会を持たない者には「どうでもいい話」。しかし、賢哲を愛する者が王侯へ徳を説いた(助言した)からこそ、国家は国家として、部族は部族として有り得た。

この人達は生物学者や人類学者ではなく哲学者の類いであり、生物進化の話は「どうでいい話」であり、全ての始まりは「神の意志」の如く説く。国家(自国)の意味、部族(民族)の意味を、それを統率する立場にある者に説き、正しい治世に生かさせる事を生業とした。宗教ではなく、助言者(賢哲を愛する人)の哲理こそが社会史創成の大元。古代ギリシャ、古代エジプト、古代マケドニア、古代ローマに、宗教のようなものはあったでしょうけど、助言者の哲理こそが重要な位置を占めていた。

我が国も同様です。教徒が守るべき不文律の経典を持たない神道は、明確には宗教ではない。最初の神の使徒、天皇(陛下)のお言葉こそが絶対。天皇の代替わりがあれば、次の天皇のお言葉こそが絶対となる。神武天皇の言葉を受け継いで来たわけではなく、神武天皇が天皇と成り得た「アマテラス」や「イザナミ」「イザナギ」等々、神々の伝説こそを大事に受け継いだ。しかし、神々の事を説き、全ての事象現象に神が宿るという「八百万の神」への信仰心だけで道徳を守らせる事が出来なくなった。地震、津波、雷、台風(大風)、大雨、大雪・・・様々な自然の猛威に晒され、民の心は荒み、自然信仰を「どうでもいい話」であり、それよりも、メシを食わせろ、住処を与えろ、と欲求が不平不満を呼ぶ。

聖武天皇による大仏建立の詔が先だったのか、仏教の本格(政治)導入が先だったのか、説は色々あるでしょうけど、我が国は「仏に縋る」。つまり、仏教を知る者達へ助言を求めた。これが、天皇家と仏教の始まり。八百万信仰に基づく神社神道ありきの日本ではなく、神社神道は仏教の救いによってその地位を確立出来たと見るべき。  


Posted by weixingi at 17:22Comments(0)gmjnh

2014年07月21日

至福のひと時


皆さまは定期検診を怠らず、早期発見、早期治療に努め、無駄な精神的苦労と出費をなさらないようにして下さいね。

といいながら、私は余程の事がないと通院はしない、徹底したお医者さま嫌い。

こんなことを述べる資格はありません。

身の程知らずのご忠告で、少々恥ずかしいですが、是非そうなさって下さいますように。。


退院後の旦那さまの食欲は、入院前と同様に、旺盛で本当に喜んでいます。

私は、反対に食欲が細くなる一方で、いつも夫の食べる量の半分にも至りません。

でも一向に痩せなくて・・・・・・

恐らく水太り。

kさんから頂戴したお菓子で、至福のひと時


こんな私を元気づけようと、また親友のKさんから優しいお心遣いをを頂戴し、涙が出るほど感激してしまいました。

こんな心温まるお届け物を、私は、今まで、手にしたことがあったかしら、とさえ思い、感謝の気持ちいっぱいで、胸が熱くなりました。

よき友に恵まれている我が身の幸せを、思わないではいられません。

家族や友に支えられ、今の私があることを忘れないで、謙虚に一歩一歩踏みしめ、今後の余生を送りたいもの、と改めて思いました。

このお話は、また日を改めてさせて頂きます。  


Posted by weixingi at 12:47Comments(0)gmjnh

2014年05月27日

涙が出てき


海が
押し寄せてくる
波となって
なみだの海が

涙というものは、悲しDream beauty pro 脫毛いからといって必ずしもでてくるものではないと思う。
また、苦しいから辛いからといって、涙がでてくるとはかぎらないだろう 。
だが予期せずに、自然に涙がでてくるときがある。それは感動の涙ではないだろうか。
そのとき心でじかに、なにか大きなものを受け取っているのだろう。押し寄せてくるものを、知らない自分が受け止めているのだろう。それが何であるかを認識する前に、出てくる涙が感動といわれるものなのだろう。

だから最近では、涙が出てきたときだけ、真実なるものに出会っているのだと信じるようになった。
涙が、物事の真偽を判断するDream beauty pro 脫毛バロメーターになっている。

小さな海だからすぐに消えてしまう。
この海を、言葉で書き留めておくことができたらと、いつも思う。だが捕まえるまえにすり抜けてしまう。心の衝動だけを残して、それはそれで心地いいのだけれど、もやもやとしたものだけが残される。
「琴線に触れる」という言葉があるけれど、心の糸に触れたなにかが確かにあったのだ。それをなんとかして記録に残そうとして、記憶の海を泳ぎながら言葉を探しつづけている。
だが海は、とてつもなく巨大な忘れもDream beauty pro 脫毛のなのである。
  


Posted by weixingi at 11:51Comments(0)gmjnh

2014年05月03日

初めてメール


新しい車の匂いに慣れない。運転にはもっと慣れない。新車だからといって特に心が浮き立つということもなく、あれで良かったのかもと、以前の「慣れ」を懐かしんでいる。ちょっとした習慣が変わることを楽しめないのは、まだ未練があるからなんだろう迪士尼美語 評價

何か「新しいもの」を手に入れたことが、ものすごく嬉しかったり感動だったりしたのは、いつの何が最後だっただろう。たとえば、ぴぃーーーひゃらららららなしにネットに繋がるようになった時、あれは確かに感動だった。でもあのあとは、たとえばまた少し接続が早くなったところで、それほどの感動はない。もちろん嬉しいんだけど、どうしてもこっちというような大きな差は感じない。

そう、たとえば初めて携帯を持ったときのうれしさや、初めてメールをした楽しさ、あれと同じ感動は、たとえスマートフォンに買い換えたとしてもないだろうと思う。もちろん便利になるだろう。でもそれは私にとってはどうしても必要なものというわけではない気がする迪士尼美語 評價

アナログ放送が終わった。
わざわざその時間にテレビをつけて、地デジではなくアナログにして変化を見ようなんて待っていたけれど、どういう仕組みかべつに何も変わることなく、時間が過ぎてもアナログはアナログのまま映っていて、テレビの向こうだけが大騒ぎしているように見えた。

夜は矢部さんのゴールが気になってテレビをつけた。岡村さんの号泣にアナログなもらい泣きをしながら、昭和の香りたっぷりの「涙をこえて」を聴いた。「涙をこえていこうなくした過去に泣くよりは涙をこえていこう輝く明日みつめて」迪士尼美語 評價




  


Posted by weixingi at 12:09Comments(0)gmjnh

2014年05月03日

嘲笑う理由なんて


去年はたくさん咲いた。今年はたぶん、ひとつ。
素足にサンダルを履いた昨日、夜になってから、思い出したようにペディキュアをした。そして、ついでのようにマニキュアも塗る。爪の色に近い淡い桜色とトップコートの艶だけで、気持ちはわずかに華やいだ。普段はほとんど素爪だ。爪を伸ばすことも、諸事情あってしない。でもふっと、心の動く時があるものだ。
動くつもりだった。
そのつま先を止めたのは、ペディキュアの僅かな重み。それとも強い風。あるいは見えない壁卓悅化妝水
私の投げる球はいつも、壁に当たってポロンと弾き返されるでもなく、ただスンと吸い込まれて向こう側に消えてしまう。その先が分からない。今度もそうかもしれないと思うと、マニキュアだけでは投げる勇気に足りなかった。
投げなかったから、誰も、何も、知らない。知られなければ哂われることもない。
投げようとした私を嘲笑えるのは、私だけだ。
でも本当は、嘲笑う理由なんて、どこにもないんだよ。
スンと吸い込まれて消えてしまったとしても、心をこめて投げたという真実は変わらない。何も悔いることはないよ。
だからまた、そのうちに。

  


Posted by weixingi at 12:08Comments(0)gmjnh

2014年04月24日

これから探そ


何を書こうかなと、今、考えている。
書きたいことがあるんじゃなくて、これから探そうとしている。
今日一日のことを思い出しながら、ネタをひねり出そうとしている Alexander Hera Wedding
昔からそういうことは多くて、その日のことをそのまま書くよりも、小さなことをきっかけに、頭の中からずりずりと思うことを引っぱり出して、ほんのちょっとのことをうすーく広げて伸ばして書くのが常だった。たぶん好きだった。今はなかなかそれができない。
そして今、考えている。何を書こうかなと。そしてその裏では、この時間てもったいないんじゃないかとじりじりしている。書けることを引っ張りだすのは面白いんだけど、成功するとも限らないし。
寝るまであと一時間弱 designer bags for less
そうだ、今夜は本を読もう。吉田篤弘の『モナ・リザの背中』にしよう。
  


Posted by weixingi at 17:35Comments(0)gmjnh

2014年04月24日

何の脈絡もな


本を読んでいる途中で、あ、あのことを書こうと思った。
文章の中にヒントがあったわけではなく、何の脈絡もなく(と思うのだけど)ひょいと頭に浮かんだ。それから、キッチンで何かの用があって本を閉じてあれこれして、また本に戻ってしばらく読んで、あ、そういえば何か書こうとひらめいたのではないかと思いだした時にはもうそれが何だったか分からない。試しに数ページ前から斜めに読み返してみてもそれはもう戻って来なかった激光去印

なので今日もこれといって書くことがないので文字通り手近なところから……

愛用のMacBook Air 11インチの右横には月謝袋が置いてある。「月謝袋」とは、なんて懐かしいんだろう。毎月払うもののほとんど全てが口座引落としだから、月謝袋で月謝を持って行くなんて忘れそうで怖くて、すぐ見えるところに置いている。忘れそうならバッグに入れておけばいいのだけど、月謝の金額には千円札があと2枚足りない。どこかで1万円札を崩さないといけない。おつりをくださいなんて失礼だ(と思う)。足りないうちに袋に入れてバッグに入れてしまったら、足りないまま持って行ってしまいそうで、だからそのまま置いてある touch screen

さて左側のnearestには何があるかというとメトロノームがある。メトロノームといっても小さなもので、小さいデジカメくらいの大きさだ。今、デジカメと書いたけれど最初はタバコのパッケージくらいと思った。とはいえ身近にタバコがないので実際のところよくわからないし、最後にタバコのパッケージを手にしたのはもういつだったか思い出せないくらいむかしだ iphone skin。そこで比べる対象を素早くタバコからデジカメの大きさに変更したのはなぜかというと、ずっと以前に、タバコとデジカメを並べて大きさを比べた写真を見たからにちがいない。そうだ、あれはCANONのIXYだった。
それにしてもタバコを触ったのはいつが最後だろう。自分と同じテーブルにタバコの乗っている光景がちょっと思い出せない。ちょっとさびしい。
  


Posted by weixingi at 17:35Comments(0)gmjnh

2014年03月20日

結局は無理をし


TV番組自体はほとんど観なくてもいい方だけど、映画やコンサートを観る時には大画面がいいなと贅沢を言って新しいTVを買い、オーディオセットも付けた。大きい画面はきれいで観やすいし、ネットにもさくさく繋がるから、TSUTAYA TVやhuluの無料動画をうろうろ微創手術 。今までずっとケーブルテレビも放ったらかしで海外ドラマだって全く観ずにいたのに、一話無料というのに惹かれてどれどれと、面白いと耳にしたことのある「BONES」や「デスパレートな妻たち」「アグリー?ベティ」などの一話目を観てしまったらなんだか面白くてこれは困ったぞ。これでhuluの980円で一ヶ月見放題なんか契約したら、暇に任せてずーっとTVを観ていることになるんじゃないかしら……元だけは取らなきゃなんて考えて。

そういえば以前、韓流好きの友人が「お昼も食べずにずっと録画を観ていて、気づいたら外が暗かった」と言うのを聴いて「うっそー!」と驚いたことがあるのだけれど、ひょっとしたら自分にもあり得るかもしれないと思えてきた。いいのかそれで GEM

ここは今まで通り、TSUTAYAの店舗で借りて観るというスタイルがいいのかな。
どうしてもどうしても続きが観たいのかって訊かれたら、それほどでもないような気もするし……。とりあえずhuluの2週間のトライアルで出来るだけ観ちゃう?っていうのも、結局は無理をしても中途半端で終わることになるよなあ……何シーズンもあるんだもの。 そう、海外ドラマの問題はそこなんだ。長いのよ結構性產品
  


Posted by weixingi at 14:29Comments(0)gmjnh

2014年01月10日

ぐ、ぐ、ぐ


おととい、ふと見たら、家の周りの石垣が一箇所妙に膨らんでいた。ふと石を触

ったら外れた。これは絶対エライコトに違いないとは思ったものの、はて、こう

いうことは何屋さんに見てもらっていいのだろうか兒童椅、それがわからない。
昨日は地区の運動会(妙楽地区は健闘の結果4位だった)で朝から忙しく、夜に

なってから、この地に来て以来何かとお世話になっている大工さん親子のFさん

に電話をしてみた。「石垣はそんなに簡単にはずれすものちゃうけれどオヤジに

見に行ってもらうわ」ということになった康泰旅行團
今朝、きのうの今日でFさんのお父さんが見に来てくれた。予感敵中、ほってお

いたら崩れて大事になりかねないとのことだった。「石垣の腹が出ている」とい

うことだ。防犯灯の電柱を入れるために穴を掘った後に水が入って「腹が出たら

しい」意大利古城。どこかにモンクを言いたいような気分でもあるけれど、しょうがない。



  


Posted by weixingi at 10:56Comments(0)gmjnh