2014年06月27日

糧にもならぬう


そこから、物語は進展していく。が、ここでは書かない。
「どう言ひやうもない哀愁とかいふ奴を少しづつ溶かしてゆくこと」、それが男の仕事だったという。
哀愁とはどんなものだったのか。それを少しずつ溶かしてゆくとはどうすることだったのか。
室生犀星は終生、詩と小説を書きつづけた護士作家だ。
彼の言葉は、ときには詩と小説の垣根を越えていた。もしかしたら、ふたつの庭を繋いでいたひとつのものが、哀愁(?)という曖昧な情感だったかもしれない。

むかし男がいた。小説のゆくえは、女が語るままに男が書くだろうDr Max好唔好
一日を食いつなぐだけのうたを書く。食いつなぐ糧にもならぬうたを書く。そんなうたさえも書けなくなったら男は……。
はるあはれ、を今の言葉にすれば春愁だろうか。
鶯がたどたどとした口調で春を告げている。里山も街中も、甘い花の香りが満ちはじめる。風はよどみ、花の深い影が、ものを書くこころの深みにひたひたと入りこんでくる。
なんともなしに、春はあ香港酒店管理學院はれである。
  


Posted by weixingi at 11:18Comments(0)kiweeui