2015年05月29日

嬉しげに相模屋が


離れでは、陽の当たる道を歩かせてやりたいと兄が望んだ月華が、相模屋の膝の上でゆっくりと弄られている。
相模屋の短い指は、湯上りの月華の寝間着の裾から割って入り、中心でうごめいていた。

「あっ・・・あっ・・・旦那さまっ・・・?・・」

さわさわと扱かれて幼い茎が、ゆるゆると起ち上がろうとしていた。
先端の滲んだ露を認め、嬉しげに相模屋が上下にこする指先に力を込めた。

「お可愛らしい月華さま。この相模屋の手に初めての吐精をして御覧なさいまし。」

「い、けません・・・旦那さ、ま。手を、手を止めて・・・」

はっはっ・・・と、声を苦しげに喘がせ相模屋の着物を掴み、月華の全身は総毛だって震えていた。

「旦那さま、いや、いや・・・粗相をしてしまう・・・」

「お小水を零したら、羽二重の綺麗なお蒲団が・・・汚れてしまう・・・はな、してっ。」

身を捩り、這って逃げようとする少年の細腰を引き寄せた。
蒲団に貼り付けるように、両腕を頭上にまとめてしまう。

「いいから。お小水も、皆ここへ零しておしまいなさい。」

「いや、いや・・・。兄上に叱られる・・・はなして、はなして。」

眼前にある幼い武家のいたいけな姿が、愛おしかった。
陰間の濃い茎に比べるべくも無い、淡い薄い色の若い茎が切なげにふるふると怯えて揺れていた。

「波・・・が・・・ああぁ、月華を浚ってしまいます。旦那さま・・・こわい・・・しっかりと掴まえて、下さいまし。」

「いやーっ、さらわれてしまうっ・・・きゃあぁっ・・・」

激しく顔を振る月華の頬は、もうとめどない涙で濡れて、知らぬ世界を覗き見て上気した頬がどこか痛ましかった。

「・・・あぁ・・っ・・・月華の、お・・・小水が・・・出てしまうーっ・・・」

襲い来る快感を「波」と表現し、先端から零れ落ちる精を、粗相しそうな尿と思って悶え戦慄する少年を、相模屋は心から愛おしいと思った。
自分の思う色に染め上げる紫の上が、手に入ったと思うと切り餅の一つや二つくれてやるのは、大店の相模屋にはなんでもない。

「お可愛い月華さま。そのように泣かずとも、怖くなどありませぬよ。」

「さあ。お褥が汚れぬように相模屋が入口に栓をかってあげましょうね。」

細い腰を懐にきつく抱きこんで、薄紅に染まった細い茎を口に頬張った瞬間ぴくりと身じろぎ、ひゅと月華の喉が鳴った。
初めて口腔に捕らえられ、大きく見開かれた目が、驚愕に慄く。

「いやぁ・・・っ・・・!」

相模屋の腹が波打ち、月華の耳元に熱い息がかかった。
両手が、高く持ち上げられ相模屋の猪首に回った。

「だんな・・・さま・・・」

ふと、頑是無い大きな瞳が弓張り月の細さになったかと思うと涙ではなく「くくっ」と異質な笑い声が零れた。

どっと、脂ぎった顔が近づいてくるのを、軽くいなして月華は避けた。

倒れこんだ相模屋の、首の後辺り「亜門」と言う急所に深々と長い針が光る。
すっと右手で抜き取ると、再び転がった相模屋の心の臓めがけてとん・・・と留めを打ち込んだ。
見た目に似合わぬ、見事な早業であった。

「ふー・・・お別れですよ、旦那さま。」

「健気な稚児の仕草は、何度やっても疲れるの。さてと。」

畳のヘリから床下に針を落とすと周囲をうかがって、事切れた重い相模屋を押しのけ、息を吸い込み悲鳴を上げた。

「きゃあああぁあーーーーーーっっ。いやあぁあああっーーーーーっっ、誰かーーーっ・・・・」

駆けつけた番頭にひしとしがみつき、哀れな風情で泣き崩れればよかった。

「ああぁ~んっ・・・旦那さまぁ・・・ああぁ~ん・・・」

「あっ、これはっ!?」

「まったく、いい年をして年端もゆかぬ童にまで手を出そうとするから、このような末路になるのだ。」

「ああぁぁん・・・番頭さん、番頭さぁあん・・・えっ、えっ・・・・ん・・・」

「よしよし、これは中気の発作だな。おまえのせいなどではないから泣かずとも良い。」

泣き縋る美童は、しゃくりあげながら言葉も無く番頭の名を呼びながらかき付いていた。
襟元に紅い吸痕を認め、余りの労しさによしよしと飴など持って来て機嫌を取ってやった。

「えっ・・・えっ・・・兄うえ・・・に逢いたい・・・兄上ぇ・・・あぁんっ」

「よしよし、すぐに使いをやろうな。」

番頭は、相模屋の死を目の当たりにし、夜通し泣き濡れる用心棒の弟を宥めた。
くすんくすんと番頭の腕の中で啼きながら眠った、愛らしいいたいけな子どもまで、毒牙に掛けようとして情死したのだと使用人達は噂し呆れた。
誰も疑いようもないほど、相模屋の色好きは有名で、散らずに済んだ稚い美童は例えようもなく儚く愛らしく見えた。  


Posted by weixingi at 12:54Comments(0)

2015年05月08日

のやりとりもいつ

最近はここの門番にも慣れてきたからか、多少の融通を利かせてくれる。

「それなら・・・・・・開門。これがいいですね。冷やした赤です。温まらないうちに届けてあげてください」

 俺はゲートから冷蔵庫で保存してdermesあるワインを出した。

「ああ、ありがとう。持って行く前に私もちょっと味見してみようかな」

「どうぞどうぞ」

「うん、美味い。もうちょっと味見したくなるけど、あまり飲みすぎるとどやされるからね。持って行くとするよ。それは停めておいてくれて構わないよ」

「ありがとうございます」

 問題も解決したので久しぶりに依頼でも受けてみようか。



 護衛依頼を受けたくないと思っていたのがフラグだったのか、指名されてしまった。もうちょっと失敗しておくべきだったか。

「では、ユキトさん。今回はレイラさん康泰領隊とシャーロットさんもご一緒の指名です。頑張ってください」

「分かりました。リースさん」

 ここで断っても良かったんだが、別の町や村にも興味があったので受けることにした。

「あら、ユキトじゃない。久しぶりね。どう?ランクは上がった?」

「はい、おかげさまでEランクになりました。レイラさんの調子はどうですか?」

「んっふっふー。私はこの依頼を終えて試験を康泰領隊合格したらBになるの。それの関係もあってレッドクリフからは離れてたんだけど、おねーさんの顔が見れなくて寂しくなかった?」

「少し」

「そこはすごくって言っておきなさいよ」

 レイラとのやりとりもいつもの調子だ。

「ユキト、久しぶ・・・・・・レイラさん、レッドクリフに戻ってたんですか?」

「あら、シャーロットじゃない。久しぶり。どう?前衛は見つかった?」

「臨時でなら組んでくれる人が居るんですが、しっくり来るパーティが無いんです。そこのユキトは面白い話が聞けるし相性もいいけど、ユキトだけの火力で足りてしまうのであまり面白みが無いですし」

 顔見知りだったようだ。

「確かに面白みは必要よね。効率も大事だけど、冒険者なんだから刺激が無いと」

「お二人とも知り合いで?」  


Posted by weixingi at 11:00Comments(0)

2015年05月06日

楽せず あてにせず


少欲知足 「遺教経」
_______少しの、小さな欲でもって満足を知りなさいというような意味なのですが
”無欲” とおっしやらないところうが、ほんとうにお釈迦さまらしいと思いません
か?
 まったく無欲だったら、仙人になっちゃわないと、この世で生きていけないで
しょう。だからいろいろなことに対してたえず少欲をもっておく。勉強だって最初
からノーベル賞をとろうとかの太欲をもっていては挫折するでしょうし、就職のと
きだって最初から社長にしてくれっていっても笑われますよ。豊臣秀吉じゃあり
ませんけど、最初は草履取りで満足して、上司である殿様の草履を懐ろに入れ
て温めるという真心をもつ。それで少し上の役についたらまたそこで一歩だけ進
んだ少欲を抱く。
 仕事、恋愛、家庭生活、なんでも同じことですね。 
 無欲になれといわれても無理ですが、少欲をもって満足を知っていけば、心は
やすらぎますし、そこから次加州健身中心の少欲へと、また一歩前に進んでいくのではないで
しょうか。
 昔からよくいわれる言葉に、

   無理せず 楽せず あてにせず

 というのがございますね。
 無理に自分の望みを通すな体も無理するな。また楽したい楽したいと思うな。
 そして他人をあてにすると常に不満が残るから、あてにしてはいけない__
という意味ですが、これも根っこのところで ”少欲知足” とつながっていますね。

 お釈迦さまは、人間の弱さを本当によくご存じだったんだなあと、私は思います。
  


Posted by weixingi at 11:49Comments(0)